エクシーガの変速ショック スバル車5AT修理事例-原因はタービン回転センサー P1710
エクシーガの変速ショック修理事例です。
主に2速から3速へ切り替わる際のショックが大きいことが多いですが、こちらのエクシーガは3速、4速でも同様の症状がでていてかなり重症です。
2022年11月現在、この修理に必要な「ハーネス SUB ASSY」が供給が追いついていないようで、メーカー欠品が続いている状況です。弊社でストックしてあった在庫も修理依頼の予約分で終了となる見込みです。
修理を希望されるお客様におかれましては、ご迷惑をお掛けすることになり申し訳ございません。
欠品が続いておりますが1月の初めごろには入荷する予定でございます。その他の修理も含め多数のご依頼がある状況ですが、ある程度の受け入れ態勢を整えていますので、修理を希望される方はお早めに連絡をいただければと思います。

スバル5AT変速ショック修理事例集はこちらです。

エクシーガの診断結果。大量のフォルト(エラー)
診断機をしてみると、見事なまでのフォルト数です。
YA4エクシーガ、マキシスエリートでの診断結果の様子
ズラズラとかなりのエラーが出ていますが、どれもタービン回転センサー2のエラーに起因するものでしょう。ステータスが旧となっているので常時通信不良という訳ではなさそうですが、原因は明らかです。

オイルを抜き取っている様子
ドレンボルトを外してオイルを排出。
ゆっくりとオイルパンを外している様子
残留オイルをこぼさないようにオイルパンの取り外し。
バルブボディとATストレーナー
バルブボディとご対面。オイルの汚れも、かなりのものです。
ATストレーナー内部の様子
フィルター内部の汚れはご覧の通り!フィルター自体はヨレヨレでくたびれています。
ストレーナー本体
通常スバル5AT用のストレーナー単品供給はありませんが、弊社では多数在庫しています。
スバル5ATバルブボディ
取り外したバルブボディ。
バルブボディを洗浄している様子
縦に起こすと内部からオイルがドバドバと流れ出てきます。パーツクリーナーで念入りに洗浄。
タービン回転センサ2、ハーネス SUB ASSY
こちらがタービン回転センサーが付属するハーネス SUB ASSY。
新しいハーネス SUB ASSY
新品と交換します。
タービン回転センサー拡大の様子
問題のタービン回転センサーの拡大写真。変速ショックの原因はココなんです。
ハーネスの交換が終わり取付準備完了。でもその前に、
トランスミッション内部の洗浄
ハウジング内の汚れを丁寧に洗浄。
鉄粉吸着用マグネット
マグネットには大量の鉄粉が付着しています。

マグネットの洗浄
鉄粉を完全に除去します。
バルブボディを元に戻す様子
バルブボディを載せてストレーナーをセット。
オイルパンを取り付けている様子
オイルパンを元に戻します。
抜き取った古いオイル
抜けたオイルは約8リットル。全体の約9割ほど抜けた計算になります。
新しいオイルを注入
抜けた分のオイルを充填。
レベルゲージでオイル量をチェックしている様子
オイル量はHOTの位置でぴったりと合わせています。
マキシスエリートでメモリのクリアしている様子
続いてセンサーも新しくなってオイルもキレイになったところで、今まで学習したデータ内容をリセットしたいと思います。

マキシスエリートにてAT学習の様子
学習作業が無事に完了。
走行テストでは、今までのショックが嘘のように消えて、滑らかにトントントンと変速しています。
マキシスエリートでの最終診断の様子
いろいろ分解もしましたし、再度診断機で各部のチェック。車両システムにエラーはありません。
ご依頼ありがとうございました。
丁寧な整備を心がけておりますので、ひとつひとつの作業にどうしても時間がかかってしまいます。

急いで作業を行えばヒューマンエラーにもつながりますし、ミスを無くすためにも3日から1週間程度のお時間をいただいております。

どうぞご協力お願いいたします。

● 初めての問い合わせで不安な方
● 車の修理をしたいけど迷っている方
● どこのお店に依頼していいかわからない方

経験豊富な整備士が適切なアドバイスをいたします、遠慮なさらずにお問い合わせください。

参考データ・作業内容

エクシーガ (YA4/YA5)
施工時走行距離: 101,200 キロ

<スバル5AT変速ショック修理>

・ATオイルパン脱着
・コントロールバルブボディ脱着
・ATストレーナー交換(非売品)
・タービン回転センサー2(ハーネスSUBASSY)交換
・ATF 10L

スバル車の変速ショックでお困りでしたらお問い合わせください。

故障トラブルでお困りの方へ
日本各地へ故障車を引き取りに伺います!!

当社で保険会社のロードサービスをご利用できるようになりました。(利用するにあたって等級が下がることはありません)

・エンジンチェックランプ点灯
・オイル漏れ
・水漏れ
・焦げ臭い
・変な音
・変な振動
・エンジンがかからない
・変速ができない
・変速ショックが大きい
・動かすことができない
・なにかいつもと違う
など…

色々対応できます。

この様な場合、加入されている自動車保険の特約でレッカー搬送および納車が出来る場合がございます。まずはご連絡ください。

※加入されている保険の内容で変わりますので、
お手元に保険証券をご用意いただき、必ず事前にご相談ください。

この記事を書いている人

オートプラネット篠塚真介

オートプラネット篠塚真介

埼玉にあるオートプラネットで働くメカニック。
日々、大好きな整備や修理に明け暮れていて、とても充実しています。仕入先でみつけた素敵なクルマや整備・修理の内容を、自分のか細い語彙力で紹介していきます。
何ごとにも探求心のある人に憧れる。