インプレッサWRX(GVF)オートマチックの変速ショックが大きいという症状でご入庫となりました。特に2速から3速へ切り替わる際のショックが大きいです。
追突されたかのような、ものすごい衝撃で思わず声が出てしまうほど。
この症状が散見される5AT車では、タービン回転センサー2の故障によりタービンの回転速度を検知できなくることで、ライン圧(油圧)が高くなり変速ショックが大きくなってしまうという具合です。
5速オートマチックトランスミッションを搭載するのは、インプレッサの他に、レガシィ、エクシーガ、フォレスター、アウトバックなど多岐にわたり現在までに50台以上の修理をしてきました。

スバル5AT変速ショック修理事例集はこちらです。

実際に診断機で検査をしてみると、、、
「P1710トルクコンバータタービン2速度信号回路異常」と記録されています。日本語が少しおかしいですが、タービン回転センサー2の事です。
実測値を見てみます。タービン回転数、ATタービン速度2の値が0となっています。つまりセンサーが回転数を検知できていないという事です。
テスト走行で確認してみるも症状は明らかですし、TCM(トランスミッションコントロールモジュール)に記録されていたエラー、そして実測値から判断しても、「タービン回転センサー2」の故障で間違いないでしょう。
常に2~3セットほどストックしていますので、変速ショックのトラブルでお困りでしたらご連絡ください。(自動車関連の業者さまでお取引のある部品商さんから入手困難な場合、ご連絡いただければ対応いたします)

ドレンボルトを外してオイルを排出。
黒いというよりあずき色してます。
黒い箱のような物がATストレーナー。実はこのパーツ非売品なんです。単体での供給がないため通常は交換することはできないけど、弊社では海外の部品商と取引があり入手することができます。

取り外したバルブボディ。5ATのバルブボディは2種類ありまして、それぞれ使用しているストレーナーも違いますし、形状も違ってきます。見分け方を知りたい方はお問い合わせください。

見た目ではどこも悪いところはありませんが、これがタービンの回転速度を計測しているセンサーです。

ハーネス SUB ASSYを切り離しバルブボディをパーツクリーナーで洗浄。惜しみなくジャンジャン使って汚れを洗い流します。

新品のハーネス。価格は35000円(税別)結構お高いんです…

取り回しを間違えないように取付ます。
そしてバルブボディを元通りに組付。重要な部分なので規定トルクでしっかりと締付ます。
ストレーナーの新、旧の比較。
不織布タイプのフィルターは必ず交換したいものです。触ると内部はヨレヨレになっていました…

鉄粉吸着マグネット、これ以上は集めきれません!と言わんばかりの状態。

そんな状態でも永久磁石なので汚れを取り除けば再利用可能です。
オイルパンをキレイに洗浄してマグネットは元の位置へセット。液体ガスケットを塗布して取付準備完了。
オイルパンの取付。
抜けたオイルは約6.5リットルです。

今回、圧送交換しませんがトルコン太郎でATFを少し多めに充填。
タービン回転センサーの交換は終わりましたが、診断機での作業がの残っていますのでこのまま続けます。
まず現在までの学習した内容を一度リセットしたいのでクリア。
そのあとに、再度学習作業を実施します。

指示に従い車を操作。学習が完了しました。
テスト走行では、2速から3速へのシフトアップ時の変速ショックは完全に無くなりました。

実測値を確認してみると、タービン回転センサーは正常に動作していて、数値も計測できています。
5AT学習作業完了
症状も改善されて、数値も正常にもどりました。AT学習も終わりましたので、これで修理完了となります。
ご依頼ありがとうございました。
丁寧な整備を心がけておりますので、ひとつひとつの作業にどうしても時間がかかってしまいます。

急いで作業を行えばヒューマンエラーにもつながりますし、ミスを無くすためにも3日から1週間程度のお時間をいただいております。

どうぞご協力お願いいたします。

● 初めての問い合わせで不安な方
● 車の修理をしたいけど迷っている方
● どこのお店に依頼していいかわからない方

経験豊富な整備士が適切なアドバイスをいたします、遠慮なさらずにお問い合わせください。

参考データ・作業内容

インプレッサ WRX STI A-LINE (GVF)
施工時走行距離: 63,300 キロ

<スバル5AT変速ショック修理>

・ATオイルパン脱着
・コントロールバルブボディ脱着
・ATストレーナー交換(非売品)
・タービン回転センサー2(ハーネスSUBASSY)交換
・ATF 10L

スバル車の変速ショックでお困りでしたらお問い合わせください。

この記事を書いている人

オートプラネット篠塚真介

オートプラネット篠塚真介

埼玉にあるオートプラネットで働くメカニック。
日々、大好きな整備や修理に明け暮れていて、とても充実しています。仕入先でみつけた素敵なクルマや整備・修理の内容を、自分のか細い語彙力で紹介していきます。
何ごとにも探求心のある人に憧れる。