ボルボV60 DCTF圧送交換のご依頼です。
ユーザー様からのご相談では、

「なんとなくクラッチが滑っているように感じたり、最近は2速~3速のつながりがスムーズではなくなり、変速時にもショックも感じるようになりました。走行距離は年間で5000キロくらいなので、クラッチがへたるには早いかなぁと思いますし、DCTの不調の話はよく聞きますので早めのメンテナンスをしたい」

とのことです。 

このような不調を感じているのに、メンテナンスを怠ると「トランスミッションセイノウテイカ」の警告表示がされて、高額修理にもなりかねません。早めの整備でトラブルを予防しましょう。

今回はトルコン太郎を使用してDCTFの圧送交換を行ってまいります。
ミッションにアクセスしやすようにアンダーカバーの取り外し。
オイルパン周辺からオイル漏れを確認。
オイルクーラーパイプの接続部からも漏れているようです。
こちらはお客様に説明をさせていただき、同時に修理を行うことになりました。
まずはオイルを排出。真っ黒に汚れているのがわかりますか?
4万キロでこの汚れ具合ですから、やはり定期交換の必要性を感じます。
比較用に少し保存しておきます。
次はDCTフィルターの交換。こんなにヨレヨレになってしますので、必ず同時交換が必要です。
フィルターが収まるケースにはDCTFの新油を充填。

新品のフィルターをセットして確実に取り付けます。
次はオイル漏れをしていたオイルパンガスケット・オイルクーラーパイプの交換です。
スペースが狭いうえにハーネス類もあり、作業はしづらいですね。
取り外したオイルパン。下の方に鉄粉吸着用のマグネットがあります。

かなりの量で、「もうこれ以上は集められないぞ」といわんばかり、飽和状態となっていました。
でもキレイに取り除けばご覧のとおり!新品同様です。
ミッション側にもマグネットがありますが、こちらも同じような状態です。
内部のストレーナーはミッションを分解しないと交換できませんが、鉄粉を除去するだけでも十分な効果がありそうです。
ガスケットを新品と交換して元通り組付けます。
接続部からオイル漏れをしていたホースも同時に交換。
ボルボの専用アタッチメントを使用してトルコン太郎と接続します。
今回使用するオイルはモチュールのMULTI DCTFです。
抜けたオイルは約5.3リットル。この車の総油量は7.3リットルですので、全体の約7割が新油と入れ替わる計算になります。
それでは圧送交換を始めます。

1回目が終了しました。どうでしょうか?かなりきれいになってきているのがわかりますね。
圧送交換の流れは一定量の交換後、自動的に10分間のクリーニングが始まります。
クリーニングが終わり、そしてまた圧送交換をします。これを繰り返しながら出来るだけ新油に近い状態になるように持っていきます。

ここまでキレイになれば新油とほとんど変わりませんね。
温度管理をしながら油量調整を行います。
規定温度に到達したらオーバーフロープラグを外して、流れ出てくるオイルが糸状になれば完了。
DCTF交換後はデュアルクラッチのキャリブレーション(校正)をしてあげることが望ましいです。
弊社では、DCT/DSG車は必ず実施しております。
いくつかの工程を踏んで終了です。
最後に診断機で各部のチェック。オールクリア何も問題ありません!
後日、ユーザー様より、施工後の報告をいただきました。

埼玉県川口市 S.Tさま

お客様1

車種:ボルボV60 走行:42300キロ

この度はボルボのデュアルクラッチ不良でのATフルード交換ありがとうございました。このデュアルクラッチは悪評が多く、まさか自車も当たるとは思っておりませんでしたが交換後は変な音も、変速ショックも無くなりました。今回御社に作業依頼した理由はていねいな作業報告にありました。単に「交換しました」という事ではなく、きちんとレポートで提示して頂き安心感は増しました。これであと4年は乗れそうな気がします。ありがとうございました。

僕たち整備士にとってこのような報告は本当にうれしいですし、より一層お客様に満足していただけるような技術体制を整えていきたいと思っております。

ご入庫ありがとうございました。

オートプラネットでは丁寧な整備を心がけておりますので、ひとつひとつの作業に時間がかかっています。急いで作業を行えばヒューマンエラーということも起こりえます。

ミスを無くすためにもATF圧送交換作業の期間は、3日から1週間程度のお時間をいただいております。

どうぞご協力お願いいたします。

● 車の修理をしたいけど迷っている方
● どこのお店に依頼していいかわからない方
● 初めての問い合わせで迷っている方

経験豊富な整備士が適切なアドバイスをいたします、遠慮なさらずにお問い合わせください。

参考データ・作業内容

ボルボ V60 T4
施工時走行距離: 42,300 キロ

<DCTF圧送交換一式>

・DCTF外部フィルター交換
・オイルパンガスケット交換
・オイルクーラーホース交換
・オイルクーラーOリング交換
・ドレンプラグ交換
・DCTF (モチュールMULTI DCTF) 20L
・デュアルクラッチキャリブレーション

■ 今回のご請求額は、159,300 円(税込)となっております。

※同じ内容の整備や故障修理でも、お車のコンディションや部品価格の変動等により必ずしも同一価格・同一修理とはなりません。上記価格や修理内容を他の整備工場さんに強要する様な行為はお控え下さい。
<文章/篠塚真介>
<作業・撮影/松永和也>

国産車に限らず輸入車でも対応可能な車種は多々ございます。メルセデスベンツ、BMW、ポルシェなど幅広く対応していますので遠慮なさらずにお問い合わせください。

この記事を書いている人

オートプラネット篠塚真介

オートプラネット篠塚真介

埼玉にあるオートプラネットで働くメカニック。
日々、大好きな整備や修理に明け暮れていて、とても充実しています。仕入先でみつけた素敵なクルマや整備・修理の内容を、自分のか細い語彙力で紹介していきます。
何ごとにも探求心のある人に憧れる。

関連記事

スポンサーリンク