メルセデスベンツMクラストルコン太郎でATF圧送交換
埼玉県さいたま市からお越しいただきました。お車はメルセデスベンツ Mクラス ML350ブルーテック。トルコン太郎でATF圧送交換のご依頼です。
今現在、オートマチックに気になるような不調は無いのですが、6万キロを過ぎたこともあり今後のトラブル予防のためにも、ATF交換をする運びとなりました。
事前の走行テストではお客様の言う通り、いたって好調でディーゼルターボの力強い加速を見せてくれました。診断機のショートテスト(エラーチェック)では過去に記憶されているフォルトや現在故障中のフォルトもありません。キレイなもんです。
それでは作業を進めてまいります。
サイズの大きい車ですので慎重にリフトアップ。
MクラスのATF排出中の様子
ドレンボルトを外してATFの排出です。圧送交換時の比較用に少し保存しておきます。
オーバーフロープラグを打ち抜いてさらにATFを抜き取ります。
MクラスのATF排出中の様子
これでオイルパン内のATFはほとんど排出できました。
オイルパンが外れました、黒い四角い箱のようなものがATストレーナーです。
取り外したオイルパンとATストレーナー。指が触れたところがはっきりと分かるくらい真っ黒に汚れています。
鉄粉吸着用のマグネット。
すでに限界を超えて飽和状態にあります。鉄粉が逆だって、まるで花のように見えますね。
ものすごい汚れです!
全てキレイに取り除きピカピカ。新品同様?になりました。
オイルパンも洗浄。
ガスケットを新品に交換。
新しいオーバーフロープラグを取り付け。パチンと音がするまで押し込みます。
マグネットを定位置にセットして取り付け準備完了。
ATストレーナーの新・旧の比較です。6万キロ走行するとこんなにも汚れるんです。
内部の不織布フィルターも真っ黒に…
新品の様子です。
バルブボディ手の届く範囲は徹底的に洗浄。
新品のATストレーナーを取り付けます。
オイルパン取り付けボルトは再使用できないので、新品に交換して元通り組み付けます。
メルセデスベンツ専用アタッチメントを使用して、トルコン太郎を接続。
ATF圧送交換で使用するオイルはモチュールのATFⅥ。7速・8速には最適なオイルです。
抜けた分のオイルを充填して圧送交換を始めます。

まだ汚れは取り切れていません。
続けて圧送交換を進めます。
数回に分けて交換をすることで汚れがキレイになる様子がわかりますし、無駄なオイルも消費ぜずに済みます。

数回繰り返した事で、かなり新油の状態まで近づいてきました。
ここまでキレイになれば申し分ありません。
診断機のモニターで温度管理をしながら油量調整をおこないます。
純正機XENTRYと比べると汎用機は無線接続もでき、持ち運びも楽なので出番が多くなりがちです。
調整温度範囲内に到達したらドレンプラグを外して、流れ出てくるATFが糸状になれば完了です。
ドレンプラグガスケットを新品に交換して規定トルクで締め付けます。
これでひとまず作業は完了しましたので走行テストを実施。力強い加速・フィーリングともに施工前と比べて、格段に向上しました。

ですが1速から2速、2速から3速のシフトアップ時に若干の変速ショックが感じられたため、シフトタイミングのアダプション(キャリブレーション)作業を行ってみました。

この作業は運転中のパソコン操作が必要になるので必ず2人で実施するように!と診断機から言われます…

スタッフと2人で実施。
ベンツATF交換後のアダプション(キャリブレーション)の様子。
トルクとエンジン回転数を合わせながら、丁度良いタイミングでシフトアップをします。

これが低いギアほど難しいんです…

1時間ほどで作業は終了。アダプション後はCVT車のような、なめらかさで気になっていた変速ショックが見事に消えました。
これはお客様から申告されていたことではありませんが、僕自身が気になってしまい作業を行いました。だってせっかくATFの交換をしてリフレッシュを望んでいるのですから、最高の状態にしてからお客様に乗ってもらいたいと思うじゃないですか。僕としてはできる限りお客様の気持ちに寄り添いながら整備ができればと思っています。
もう一度リフトアップをして各部の点検です。
気になる点は無くオイル漏れもございません。
最後に診断機でショートテスト。
結果は良好。全く問題ありません!

今回施工するにあたって気になる点はなくコンディションは良好なお車でしたが、ATFの汚れ具合や内部の鉄粉量もかなり多かったため、早めのATF交換をされてよかった事例となりました。

高額なトラブルになる前に定期的なメンテナンスを検討されてはいかがでしょうか。
ご入庫ありがとうございました。

オートプラネットでは丁寧な整備を心がけておりますので、ひとつひとつの作業に時間がかかっています。急いで作業を行えばヒューマンエラーということも起こりえます。

ミスを無くすためにもATF圧送交換作業の期間は、3日から1週間程度のお時間をいただいております。

どうぞご協力お願いいたします。

● 車の修理をしたいけど迷っている方
● どこのお店に依頼していいかわからない方
● 初めての問い合わせで迷っている方

経験豊富な整備士が適切なアドバイスをいたします、遠慮なさらずにお問い合わせください。

参考データ・作業内容

メルセデスベンツ Mクラス ML350 ブルーテック (W166)
施工時走行距離: 62300キロ

<ATF圧送交換一式>

・ATオイルパンガスケット交換
・ATストレーナー交換
・ドレンボルトガスケット交換
・オーバーフロープラグ交換
・オイルパン取付ボルト交換
・ATF(モチュールATFⅥ) 20L

■ 今回のご請求額は、93,800 円(税込)となっております。

※同じ内容の整備や故障修理でも、お車のコンディションや部品価格の変動等により必ずしも同一価格・同一修理とはなりません。上記価格や修理内容を他の整備工場さんに強要する様な行為はお控え下さい。
<文章/篠塚真介>
<作業・撮影/篠塚真介>

国産車に限らず輸入車でも対応可能な車種は多々ございます。メルセデスベンツ、BMW、ポルシェなど幅広く対応していますので遠慮なさらずにお問い合わせください。

この記事を書いている人

オートプラネット篠塚真介

オートプラネット篠塚真介

埼玉にあるオートプラネットで働くメカニック。
日々、大好きな整備や修理に明け暮れていて、とても充実しています。仕入先でみつけた素敵なクルマや整備・修理の内容を、自分のか細い語彙力で紹介していきます。
何ごとにも探求心のある人に憧れる。

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す