クライスラー・ダッジラムのATF圧送交換です。

こちらのお車は愛媛から北海道へ向かう途中でしたが、静岡県あたりまで来たところ、エンジンは掛かるけど走行できなくなり弊社へ搬送されてきました。

しかもお荷物満載。オートバイまで積載でした!

原因を探るべくまずは診断機を接続して診てみます。いくつかフォルトが記憶されていますがおそらく原因は下の2つだと思われます。オートマチックの油圧が上がらず動力が伝達できなくなったようです。
オートマチックオイルは適量ですので油量少なくて油圧が上がら無いのではなく、別の原因がありそうです。まずはオイルパンを外して確認してみます。

気になるオイル漏れはありません。まずはオイルを抜いてからと思いましたがドレンがありません…仕方ないのでレベルゲージよりできる限り吸い出します。

オイルパンをはずしてビックリです。なんとストレーナーが2つもあるではありませんか!

取り外した2つのストレーナーです。

新品と旧品の比較です、グレーに見えるのはすべてAT内部の汚れとなります。

内部は細かな鉄粉も混じっているようにも見えます。

もちろん新品はご覧のようにキレイな状態です。

オイルパンの底にはジャリジャリした大量の鉄粉が蓄積されていました、おそらくこれらが舞い上がってストレーナーを詰まらせ油圧が上がらなくなったと推測します。

普段見ている鉄粉とは違い大きな物も混じっていました。

オイルパン丁寧に洗浄してガスケットを均一に塗布。

バルブボディー下部もできる限りキレイに洗い流し、2つのストレーナーをセット。

そしてオイルパンを元通り組み上げます。

この四角い箱のような物はオイルクーラーへ向かう途中のサーモスタットになります。鉄粉があれだけあったので、こちらも点検した方が良さそうです。

バイメタル式のサーモでオイルの温度によりオイルクーラーへ油路が開く構造になっています。写真では分かりづらいですが鉄粉や異物などが混じっていましたので分解してみます。

こちらが内部にあるバルブです。キレイに汚れを取り除いて元通り組付。そしてオイルクーラーラインをパーツクリーナーで入念に洗浄して完了です。すみません、写真撮り忘れました…

オイルパンもストレーナーもサーモスタットもオイルクーラーもできる箇所はすべて洗浄しました。さっこれで気持ちよく圧送交換ができます!

ダッジラムの場合、そのままでは接続不可ですので専用のアタッチメントを使用してトルコン太郎を接続します。

今回使用するオイルはモチュールのマルチATF。

それでは圧送交換の開始です。

1回目の圧送交換が完了、ここ時点でかなりキレイになっていますが、スラッジも多かったので回収の意味も含めてさらに交換をしてきます。


圧送交換の流れは一定量の交換後に自動的に10分間のクリーニングが始まります。
クリーニングが終わり、そしてまた圧送交換をします。

これを繰り返しながら出来るだけ新油に近い状態に持って行きます。

ほとんど新油と変わらないレベルになっています。


古いオイルと比べて見るとこの通り!見違えるようになりましたね。

オイルはキレイになりましたが入庫時の症状が改善されているか、確認のために1時間から2時間ほど走行をしてみなければなりません。荷物満載ですし慣れない左ハンドル。しかもロングホイルベースで取り回しもよくありません…恐る恐る止まらないことを願いつつテスト走行に行ってきました!
2時間以上走行してきましたが、すこぶる快調です!
走行に支障はありませんが、埼玉から北海道へ戻ることを考えると、少し不安は残りますがひとまず解決とします。

診断機を接続してフォルトチェックをしてみても、入庫時の油圧が低いというのは検出されていません、今回の症状はおそらくオートマチック内部のスラッジでストレーナが詰まり気味になり、油圧が低下して走行できなくなったのではないかと思います。
O2センサーNo.1のフォルトが残っておりますがユーザー様は以前からこの件は認識しており、後日対応されるようですのでこのまま納車をして完了です。
納車して数日後、無事に北海道に戻られたとの報告がありました、なにはともあれ良かったです。
ご入庫ありがとうございました。

● 車の修理をしたいけど迷っている方
● どこのお店に依頼していいかわからない方
● 初めての問い合わせで迷っている方

経験豊富な整備士が適切なアドバイスをいたします、遠慮なさらずにお問い合わせください。

参考データ・作業内容

ダッジラム 1500 (2007年式)
施工時走行距離: 60,800km

<ATF圧送交換一式>

・オイルパン脱着清掃
・ATFストレーナー交換
・ATFフィルター交換
・オイルクーラー洗浄
・ATF(モチュール MULTI ATFⅥ)20L

■ 今回のご請求額は、103,200 円(税込)となっております。

※同じ内容の整備や故障修理でも、お車のコンディションや部品価格の変動等により必ずしも同一価格・同一修理とはなりません。上記価格や修理内容を他の整備工場さんに強要する様な行為はお控え下さい。
<文章/篠塚真介>
<作業・撮影/篠塚真介>

国産車に限らず輸入車でも対応可能な車種は多々ございます。メルセデスベンツ、BMW、ポルシェなど幅広く対応していますので遠慮なさらずにお問い合わせください。

この記事を書いている人

オートプラネット篠塚真介

オートプラネット篠塚真介

埼玉にあるオートプラネットで働くメカニック。
日々、大好きな整備や修理に明け暮れていて、とても充実しています。仕入先でみつけた素敵なクルマや整備・修理の内容を、自分のか細い語彙力で紹介していきます。
何ごとにも探求心のある人に憧れる。

関連記事

スポンサーリンク