エスティマアエラス(ACR50W)CVTF圧送交換のご用命です。

こちらのオーナー様は、弊社にて中古車を購入され、今後の長く大切に維持していきたいというお考えから、同時にCVTFの交換もすることになりました。おクルマの購入だけではなく整備のご依頼、誠にありがとうございます。

それではますリフトアップ。

新油との比較のため、少しだけ採取。

オイルパンを外します。

ストレーナー拡大。

新品と比較してみるとかなり違います!

続いてオイルパンも洗浄していきます。

細部までしっかりと洗浄。

ドロッとした鉄粉です。

鉄粉など不純物吸着用マグネットもご覧の通り、ピカピカ。

見える部分のみになりますがバルブボディも洗浄。

新品ストレーナーを取り付けてオイルパンをもとに戻します。

トルコン太郎を接続して圧送交換の準備完了です。抜け出た分のオイルを充填して5リットルづつ交換を開始します。

1回目の圧送交換がおわりました、真ん中のクリーナーモニターの色はまだ汚れています、このまま2回目の圧送交換を続けます。

2回目の圧送交換が完了しました。ほとんど新油とかわらないレベルまでになりましたね。これで完了です。30分ほどクリーニングタイム。
最後は油量調整をするのですが、こちらの車、油量を調整するには油温検出モード切り替えにが必要で結構手間な作業です。その写真を取り忘れました…

油量調整のあとは試運転です。スムーズな加速でフィーリングも気持ちが良く問題ありません。
最後は診断機でエラーが無いかチェック!異常は見当たりません。

無事に納車も終わり、後日お客様からは、「とてもいい買い物ができたし、全てが満足行く仕上がりです」と嬉しそうなご様子でした。喜んでいただけたようで何よりです。

動画で圧送交換の様子を見る

参考データ・作業内容

エスティマアエラス(ACR50W)
走行距離: 54,300km

ATF圧送交換一式

・ATオイルパンガスケット交換
・ATストレーナー交換
・オイルドレンプラグガスケット交換
・オイルクーラー洗浄
・ATF 20L

■ 今回のご請求額は、75,130 円(税込)となっております。

ご依頼ありがとうございました。
国産車に限らず輸入車でも対応可能な車種は多々ございます。メルセデスベンツ、BMWなど幅広く対応していますので遠慮なさらずにお問い合わせください。

※同じ内容の整備や故障修理でも、お車のコンディションや部品価格の変動等により必ずしも同一価格・同一修理とはなりません。上記価格や修理内容を他の整備工場さんに強要する様な行為はお控え下さい。

この記事を書いている人

オートプラネット篠塚真介

オートプラネット篠塚真介

埼玉にあるオートプラネットで働くメカニック。
日々、大好きな整備や修理に明け暮れていて、とても充実しています。仕入先でみつけた素敵なクルマや整備・修理の内容を、自分のか細い語彙力で紹介していきます。
何ごとにも探求心のある人に憧れる。

関連記事

スポンサーリンク