燃料の入れ間違いで入庫したワゴンRです。ドライバーさんはセルフスタンドで給油後に気が付き、すぐに連絡をいただきました。エンジンはかけてないということで、そのままレッカーで当社に運ばれてきました。

それでは作業に入りたいと思いますが、皆さんならどのように間違って入れた経由を抜き取りますか?
そうです、給油口からホースを入れサイホンで吸い出せそうですよね。でもガソリンタンクの入り口には逆流防止弁があり、ホースを入れるときは、すんなり入りますが、逆に抜こうとすると弁が閉まろうとするため抜けなくなってしまうんです。
トラックや一昔前の乗用車でしたら、この方法でも良いかもしれませんが、完全に抜き取るのは難しいので、今回はガソリンタンクを外して作業を進めることにします。

リフトアップをしてタンク周りを確認してみます。

特に邪魔になるようなものはなく、スムーズに下ろせそうです!

燃料の配管や付属しているホース類、燃料ポンプのコネクターを順序よく外していきます。

無事にタンクが下りました。中の軽油を排出します。

逆さにしても全部抜けきらないので、燃料ポンプを外します。

やはりまだ、たくさん残っていますので、この開口部から残りの軽油を抜き取ります。今度はガソリンを少しいれて撹拌したあと排出します。何度か繰り返して軽油が匂いが無くなったところで洗浄完了です。

外した燃料ポンプです。

ポンプも軽油まみれになっていますのでガソリンで洗い流します。ここまですればほとんどの軽油は除去されていますので問題はありません。

Oリングは新品に交換してポンプを組み付けます。

それではタンクをもとに戻していきます。

取り外した逆の手順でコネクター、ホース類を戻し、タンクを取り付けます。

燃料の配管です、ここは圧力もかかるので慎重に作業をします。これでタンク周りは完成です。

ガソリンを補給します。

それではエンジンをかけてみます!

無事にかかりました、マフラーから通常とは違う匂いがしたり、煙が出ることもありません。走行テストでもスムーズな加速が確認でき問題ありません。これで今回の作業は完了です。
今回の燃料の入れ間違いでは、いつも使用している車とは違い、日頃の習慣で軽油を給油してしまったと言われていました。このようなトラブルを減らすにはフルサービスのスタンドの利用や、給油口付近に燃料の種類を示すステッカーが張ってありますので確認を怠らないことだと思います。
とは言っても人間は勘違いで間違えるときもあります。こんなときは焦らず連絡をいただければと思います。
ご依頼ありがとうございました。

参考データ・作業内容

スズキ ワゴンRスティングレー(MH55S)
走行距離: 328km

燃料の入れ間違い復旧作業一式

・燃料ポンプOリング
・ガソリン 20リットル

国産車に限らず輸入車でも修理対応可能な車種は多々ございます。遠慮なさらずにお問い合わせください。


■ 整備作業 - 篠塚真介
■ 写真撮影 - 篠塚真介
■ 文章作成 - 篠塚真介

関連記事

スポンサーリンク