埼玉県さいたま市からレガシィツーリングワゴンCVTF圧送交換のご依頼です。

走行距離は62900キロ。お車はきれいに手入れされており、ダークブルーの車体がまぶしいくらいです。

それでは交換の様子をご覧ください。

まずは作業しやすようにカバー類を外します。

少しオイル漏れしているが確認できます。こちらは再度取り付ける際に液体ガスケットを多めに塗布して対処すれば大丈夫そうです。

フルードを抜き取ります。

比較用にサンプルを採取しておきます。

オイルパンを取り外すと、ストレーナーが見えてきます。

ストレーナーは真っ黒に汚れています、新品はキレイなシルバー色。

フィルター内部には不純物があります。

やっぱり新品は気持ちがいいですね!

次はオイルパンの清掃です。

鉄粉吸着用のマグネットにはかなり量が付着しています。

拡大するとこんな感じです!

こちらはキレイに汚れを落として、元あった位置にセット。

オイルパンもキレイに磨き上げ新品のようです。

オイルパン取付部、バルブボディ下部も洗浄してストレーナーを取り付け、準備OKです。

オイルパンの外側もできるだけキレイにしておきます。

約6.5リットルほど抜けました。


トルコン太郎を車両に接続して圧送交換の準備ができました。

今回使用するCVTFはワコーズのプレミアムスペックです!

抜けた分のフルードを充填。


圧送交換を開始します。

1回目の圧送交換が終わりましたが、内部のフルードの入れ替えするには、もう少し続けたほうが良さそうです。

色味もかなりキレイになりまして十分ではないでしょうか。

診断機でモニターしながら規定温度に合わせて油量調整をします。

規定温度範囲に入ったらオーバーフローさせて完了です!

走行テストを行い、診断機で各部のチェックを致します。特にエラーもなく問題ありません!

参考データ・作業内容

レガシィツーリングワゴン BRG
走行距離: 62,900km

■ 今回のご請求額は、106,900 円(税込)となっております。

<ATF圧送交換一式>

・ATFストレーナー交換
・ドレンボルトガスケット交換
・オーバーフロープラグガスケット交換
・ATF(ワコーズプレミアムスペックCVTF)

ご依頼ありがとうございました。
国産車に限らず輸入車でも対応可能な車種は多々ございます。メルセデスベンツ、BMW、ポルシェなど幅広く対応していますので遠慮なさらずにお問い合わせください。

※同じ内容の整備や故障修理でも、お車のコンディションや部品価格の変動等により必ずしも同一価格・同一修理とはなりません。上記価格や修理内容を他の整備工場さんに強要する様な行為はお控え下さい。


<文章/篠塚真介>
<作業・撮影/篠塚真介 松永和也>

この記事を書いている人

オートプラネット篠塚真介

オートプラネット篠塚真介

埼玉にあるオートプラネットで働くメカニック。
日々、大好きな整備や修理に明け暮れていて、とても充実しています。仕入先でみつけた素敵なクルマや整備・修理の内容を、自分のか細い語彙力で紹介していきます。
何ごとにも探求心のある人に憧れる。

関連記事

スポンサーリンク