皆様、こんにちは。オートプラネット松永です。

まだまだ残暑が厳しいので皆様も暑さに気をつけて水分と塩分をしっかり取って下さいね。

さて本日もトルコン太郎が稼動致しました。

今回のお車は埼玉県さいたま市のNさまのレクサスGSになります、
車検整備と同時にご依頼をいただきました。

写真ではうまく映せませんでしたが、漆黒のブラックは念入りに手入れがされており、本当にびっくりするほどキレイなコンディションを維持しております。

黒はメンテナンスが大変ですがこのくらいキレイな状態だど良いですね。ボディーがツヤツヤでオーナー様の愛情が伝わってきます、なんとオーナー様は女性なんですよ。。

さて、トルコン太郎の本題にはいりますが、最近の車両は専用のアタッチメント(接続する為の工具)がないと交換出来ないのです。何とも不親切な時代でしょうか。。。

当社では、社長が工業系が得意なこともありまして、サクッと専用アタッチメントを製作してもらいました。

クラウン等のGR系エンジンのタイプは圧送式で交換出来ますので是非お問い合わせください。

気になる汚れですが、毎度お馴染みの連続写真で変化を見て頂ければと思います。

一番奥のガラスが抜き取った廃油になります。結構汚れがありますね。

少しづつ綺麗な状態になっていきます。

終盤になって泡も出なくなりつつあります。

ブザーが鳴り交換終了しました。今回も交換オイル量20リットル使用です。

アイドリング状態でさらに15分ほどクリーナーモードでオイルを濾過していきます。

クリーナーモードをしてみると、、、

多少ですが赤みが増えたと思います。お客様に汚れの確認をしてもらい了承を得ましたので終了になります。

車種によって汚れやオイル必要量が違いますので、交換しながら要相談という形を取らせて頂いております、ATF交換を検討されている方は遠慮なさらずにお問い合わせ下さい。

トルコン太郎でのATF交換費用等は下記のページでご案内しています。

トルコン太郎ATF交換のこちらから

埼玉県さいたま市Nさま、今回はどうもありがとうございました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

スポンサーリンク