修復歴について

一般に修復歴がある車は、聞こえが悪いですが事故車とも呼ばれています。

修復歴にあたる基準は自動車の骨格部分の修理や修正または交換をした場合に修復歴に当たります。
骨格部とは人間にたとえると名のとおり「骨」です。「フレーム」ともいいますね。

下記のイラストをご覧ください。

修復歴車の定義

(社団法人自動車公正取引協議会より引用)

一般的に修復歴がある自動車は購入時に避けられがちですが、
しっかりと修理をしている車であればご使用に際してまったく問題はないお車です。

修復歴がある車は良い印象を受けないということもありますので、
弊社ではあまり仕入れをしませんが、ごく軽度の修理の場合に限り販売をすることもございます。

もちろん、修復歴があることを提示して販売しています。

修復歴にも度合いがありまして自動車のフレーム部分を交換した場合ですと、
かなり大きな事故をした車です。このような車は当店では仕入れて販売することはありません。

修復歴車の価格と販売方法について

私たち中古車屋さんたちが仕入れをするオークションでは修復歴車専用コーナーがあります。
修復歴車のコーナーでは仕入れ価格も安くなりますので、
販売価格も低価格になり購入しやすくもなるという利点もあります。

修復歴がある車については、
どの部分の修復をしたのか、どの程度の修理をしたのかをきちんと提示して販売をしています。

修復歴車でも構わないという方には低価格ですのでオススメです。

このページの先頭へ