超簡単!自動車の名義変更

「名義変更」というとなんだか面倒だというイメージを持っていませんか?

でも実際はそんなに面倒ではないんですよ。
だってご自身で用意する書類は2通だけですからね・・・。

意外と簡単に出来るのでご自身で手続きをする方も多くなってきています。

私どもの販売店などに依頼すると30000円程度の費用がかかります。お時間に余裕がある方はご自身で手続きをしてみましょう。

車庫証明の申請について

車を新しく購入などした場合には車庫証明が必要です。

この車庫証明書は正式には自動車保管場所証明と言い、車をきちんと保管しておける場所を申請する為に行うものです。警察の車庫証明申請窓口に行けば下記のような用紙を渡してくれますので、この用紙に必要事項を記入して申請を行います。

なお印紙代が2500円前後の費用が必要です。

車庫証明書

記入する際には以下の点に気をつけましましょう。

1.自宅から保管場所までの距離が直線で2キロメートルを超えない範囲であること
2.道路から支障なく出入りができること
3.自動車の全体を収容できるものであること
4.自動車の保有者が自動車の保管場所として使用する権限を有する場所にあること

保管場所に虚偽があった場合には、罰則もあり、後日見に来る事もあるので、正確に申請するようにしてください。

申請後、書類に問題がなければ1週間以内に受理され許可がおりることになります。
受取は申請の際に渡された控えを持って警察署に向かいましょう。

印鑑登録証明書の取得

車庫証明書の書類をクリアしたら次に重要になってくるのが、印鑑証明書の取得です。

印鑑登録証明書

この印鑑証明は、自分の住んでいる市役所や郵便局など取得する事が出来きます。

直接行って取得してもいいですし、最近では郵送でも取得する事も出来る所もあるので、事前に役所に問い合わせておくと良いでしょう。

書類の書き方

ここでは名義変更の際、重要となる書類の書き方を見ていきます。特に難しいとことはありません。
お手元に車検証と名義にされる方の印鑑証明書をご用意してくださいね。

それでは始めます。

1.譲渡証明書

この書類は購入後に当店からお渡します。
赤枠内に新しく所有者となる方のご住所とお名前を記入してください。

自動車名義変更・譲渡証明書の書き方

2、委任状

この書類は購入後に当店からお渡します。
陸運局に行かれる方のお名前とご住所を記入してください。

自動車名義変更・委任状の書き方

3、手数料納付書

この書類は陸運局で無料配布しています。
名義変更登録に必要な手数料は500円です。
この手数料納付書に500円の印紙を購入していただき、赤枠内をご記入してください。

自動車名義変更・手数料納付書の書き方

4、申請書(OCRシート 第一号様式)

この申請書は陸運局に併設されているナンバーセンター内で購入することができます。
当日、印紙と同時に購入してください、1枚30円前後です。
赤枠内の車両情報に住所コードの欄があります。
ここにはこちらの住所コードで検索後を記入してください。

当日、陸運局内にも住所コードマニュアルがありますので事前に調べなくても大丈夫です。

赤枠内を記入してください、申請人のところには新所有者さまの実印を忘れずに押してください。

自動車名義変更・申請書の書き方

5、自動車税報告書

この書類は陸運局にて無料配布されています。
この様式は都道府県によって違いがありますが、記入する個所は同じです。
記入箇所は車両情報と旧所有者、新所有者です。

自動車税報告書の書き方

これで完成です。
あとは陸運局の窓口へ提出すれば大丈夫。ここまで完璧に書き上げたのですからミスはありません。

ここで提出する書類は

  1. 車検証
  2. 譲渡証明書
  3. 委任状
  4. 印鑑証明書2通 (新所有者と旧所有者)
  5. 車庫証明書
  6. 手数料納付書
  7. 申請書(OCRシート)

混雑していなければ15分くらいでお名前を呼ばれますので、新しい車検証を受け取ってください。

ナンバーセンターへ

次はご購入されたお車に付いているナンバープレートを取り外しますが、封印というものがされていますので取り外し方はこちらをご覧ください。
封印の取り外し方

ナンバーが取り外せましたらナンバーセンターで返却をして同じ建物にある自動車税の申告窓口で書類を提出します。

ここで提出する書類は

  1. 車検証
  2. 自動車税報告書

納税義務者の申告が終わりましたら隣の窓口でナンバーを購入します。
この時、車検証はナンバーセンター側に預けられますが、ナンバープレートにする封印と引き換えで戻ってきます。

ナンバープレートを車の前後につけて、係員が来るまでにボンネットを開けてお待ちください。
係員が車台番号とナンバープレート確認して照合が終われば封印をしてくれます。

最後に車検証を受け取ってください。

お疲れ様でした…。これで無事に完了です。

手続きは難しいものではありませんので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

必要書類のチェック

陸運局へ向かう前に再度書類のチェックにお役立てください。

  • 車検証
  • 譲渡証明書
  • 委任状
  • 印鑑証明書2通 (新所有者と旧所有者)
  • 車庫証明書
  • 実印
  • 手数料納付書(ここからは当日陸運局で用意できます)
  • 申請書(OCRシート)
  • 自動車税報告書

番外編 名義変更をする際にはまず車検証を見ましょう!

車検証を見てみると「所有者の氏名又は名称」欄と「使用者の氏名または名称」があると思います。

この欄には車の持ち主の情報が書かれており、場合によっては名義変更も簡単には行えません。所有者と使用者が同じ同一人物の場合と、違う場合には申請の際に提出書類が違いますので注意が必要です。

所有者と使用者が同じ場合

旧所有者が用意する書類

  1. 印鑑証明
  2. 譲渡証明書
  3. 委任状

新所有者が用意する書類

  1. 印鑑証明書
  2. 車庫証明書

上記の書類が名義変更に必要な書類です。

所有者と使用者が別の場合

車をローンで購入した場合には所有者の欄が信販会社や自動車を販売した会社名が記載されている事があります。

ローンが完済されているようであれば、信販会社や販売店などに連絡することで名義変更を行う事が出来ますが、ローンが完済していない場合には名義変更は行う事が出来ません。

友人などに車を譲ってもらう際や、個人から車を譲り受ける際には確認しておきましょう。完済すれば名義変更は行えるようになります。

※ローンが完済していても信販会社やディーラーから連絡はされませんので、完済したらご自身で問い合わせを行う必要があります。

このページの先頭へ