クリーニング&キープクリーン効果!

昨今のくるまはコンパクトで高性能なエンジンが多いため熱負荷が大きく、加えて環境への配慮からEGR搭載車(排気ガスの一部を取り出し吸気側へ導き再度吸気させて窒素酸化物 (NOx) 低減や部分負荷時の燃費向上を目的としています)や直噴エンジンが増えエンジン内部が汚れやすくなっています。

また、ちょい乗りと呼ばれる短距離走行の繰り返しでは特に汚れやすい環境です。プロステージSは優れたクリーニング効果を有しているオイル。新車やこれからも長く車を維持したい方にはおすすめの商品です。クリーニング効果だけではなく汚れを寄せ付けないためのキープクリーン効果もあります。

納車後にドライブフィーリングが向上!

エンジンオイルは単に交換するだけで

  • 「レスポンスが良くなった」
  • 「エンジンが軽くなった」
  • 「燃費が良くなった」

等、オイル交換前と比べて何かしら違いがわかることがありますが、納車後にもっと違いがわかればユーザー様にも喜んでいただけるはずです。

そこでPRO-Sは独自技術の「リキッドセラミックステクノロジー」を採用することで潤滑性を向上させ、ドライブフィーリングの改善を実現しますのでユーザー様も納得してもらえるエンジンオイルです。

エンジン保護と省燃費性能を両立

エンジン保護と省燃費性能は相反するのです。

エンジンを保護するためには金属の摩耗を防ぐための一定の粘度がひつようですが、省燃費性能を追求すれば0W-20等の低粘度油の使用が求められます。

プロステージSではこの2つの性能を両立させるために、粘度を「0W-30」に設定し、さらに独自のベースオイル技術「3Dテクノロジー」を採用することで、レスポンス性能と耐熱ダレ性能を高次元でバランスさせています。

つまりプロステージSはエンジンを保護するための適正な粘度で優れた省燃費性能を発揮することが出来るオイルなので、車を長く大事に乗り続けたい方に喜んでいただけるオイルです。

フォアビークルやクイックリフレッシュなどの添加剤

ワコーズのエンジンオイル添加剤はどんなエンジンオイルにも安心して使用でき、きちんと効果が出せる処方となっています。

ですが、
ワコーズのエンジンオイルと一緒に使用していただければ、同じ独自技術をベースにつくられているのでより高い効果を発揮できます。

進化し続けるWAKO’Sの独自技術

「リキッドセラミックステクノロジー」から
「ニューリキッドセラミックステクノロジー」へ

「リキッドセラミックステクノロジー」とはアモルファス状態(液体と個体の中間状態)のセラミックを媒体に、オイル内添加剤成分の効果をより高いレベルで発揮させることで潤滑性や耐熱性などのエンジンオイルの性能をトータル的に向上させる独自技術です。

これまでエンジンオイル添加剤

  • フォアビークル
  • クイックリフレッシュ
  • TR

に採用していましたが、
2013年1月に低温から高温まで幅広い温度域で摩擦低減効果を発揮することができる成分「オーガニックFM」を組み合わせ、「ニューリキッドセラミックステクノロジー」へと進化させ、現在ではフォアビークル、クイックリフレッシュ、CR502にこれを採用しています。

関連記事

スポンサーリンク